menu

導入前に知るべき!生産管理システムの代表的な6つのデメリット

生産管理システムのデメリット

生産管理システムの導入を考える時、「自社で導入するとすればどんなデメリットがあるのだろうか?」といった疑問を持っている方も多いかと思います。

実際、ネットで検索しても営業の方に聞いてもメリットはよく出てきますが、デメリットはそこまで出てきません。それに、導入費用も決して安くなく高額になる場合も多いので、不安に感じる人が多いのは当然です。

そこで、生産管理システムを導入する際のデメリットに絞って詳しくご紹介させていただきます。

この記事はデメリットについて詳しく書いた記事となります。
生産管理システムのメリットについて詳しく知りたい方は下記ページをご覧ください。
⇒ 生産管理システムを導入するメリット|生産現場にもたらす◯つの効果(近日更新)

生産管理システムの6つのデメリットを徹底解説

デメリット

生産管理システムを導入した方からよく聞くデメリットに感じた部分は、大きく3つに分かれています。

  • 高額な導入コスト
  • 上手に運用できないリスク
  • 現場の負担増加

そしてこれらの3つのデメリットには、更に細かく2つずつデメリットがあります。

ここから詳しくご紹介します。

生産管理システムの導入コストが高額

高額イメージ

生産管理システムを導入する場合は、2種類のコストがかかりますが、この2種類が予想以上のデメリットになります。

①導入時のイニシャルコストが高額

生産管理システムには様々な種類がありますが、主にパッケージシステムの導入を考えるのが今まで一般的でした。

パッケージシステムの導入コストは、どの程度の性能が必要かによりますが、機能別に200万円〜2000万円、更には数億円まで幅広くかかります。

問題は、生産管理システムのパッケージをそのまま利用する場合、現場の仕様に合わないためカスタマイズする必要があり、イニシャルコストがどの程度かかるのか読めません。

そして、イニシャルコストが高額になるケースが多いです。

②一度決めた仕様が合わず高額な追加コストが掛かる

生産管理システムのパッケージを、自社で使いやすくなるようカスタムしたとしても、実際に導入してみると現場に合わないことが多く、機能追加や調整などのカスタマイズが必要になってきます。

当然、このカスタマイズの内容次第ですが、基本的には高額となるケースが多いです。

それなりのイニシャルコストを投じて生産管理システムを導入したにも関わらず、追加コストが高額にかかるのを見越して投資をしなければならないので、予算のめどを立てづらく、キャッシュフローが悪くなる可能性があり、デメリットと言わざる負えません。

生産管理システムを上手に運用できないリスク

リスクイメージ

③現場で使いこなせない

生産管理システムを導入する理由は、生産能力や生産品質の向上、生産性の向上やトレーサビリティー改善など、各社様々だと思います。

しかし、生産現場で働いている従業員にとっては、生産管理システムを導入する前のアナログ的手法に慣れているからこそ、その手法に対して最適化したやり方をしているはずで、「今の仕事=何をするのか」が体に染みついているかと思います。

そのため、急に生産管理システムを導入すると、体や脳に染みついている仕事像に追加で生産管理システムの操作が付与されるイメージを与え混乱を与えるだけでなく、なかなか採用管理システムを使えない可能性がでてきます。

特に多くの製品を生産している現場であれば、生産管理システムで使う機能がそれぞれの製品で違ったり、機能が複雑化しやすく混乱も多くなるので現場で使いこなせない可能性があります。

④色んなイレギュラーな運用にシステムが対応できない

生産現場では、想像している以上にイレギュラー対応が起きています。

ただ生産管理システムでは、日々起きるイレギュラーな事態に対応できないことが多く、対応できたとしても複雑な機能を覚えていないので使いこなせないといった事態が起きます。

そのため、イレギュラーにはアナログ手法での管理に頼るところがでてきます。

その結果、生産管理システムを有効活用できず、必要最低限の機能しか使うことができず、生産管理システムを持て余してしまう可能性があります。

生産管理システムによる一時的な現場の負担増加

負担増加イメージ

⑤マスタ整理が必要になる

生産現場では、部品の仕入れや発注を行っていると思いますが、FAXやメールでのやり取りをしている現場も少なくなりません。

しかし、生産管理システムを導入するとなると、部品のメーカー、製品名、発注先や仕入れ先、連絡先、品番等々をエクセルなどにまとめ、マスターを整理する必要があります。

もちろん、エクセルなどで製品や部品管理データを作っていたのであれば、負担は非常に少なくなる可能性があります。

ただどちらにしても、導入前にマスタが必要になるため、整理に時間を取る必要があります。

⑥慣れるのに時間がかかる

生産管理システムを導入すると、今までの作業に追加作業が生まれるか、作業内容自体が変わる部分もでてきます。

そのため、慣れ親しんでいる工程の仕事であればあるほど、生産管理システムを導入した際に変わった作業フローに慣れるまでの時間が掛かってしまいます。

慣れるまではどうしても、生産効率が落ちたりといったことがありますので、生産管理システム導入時には、業務フローに慣れるまでどの程度の時間が掛かるのかをシッカリと考慮しておく必要があります。

生産管理システムのデメリットを解消する方法はある

デメリット解消してスッキリした表情のイメージ

ここでご紹介した生産管理システムの6つのデメリットは、導入を考える際に大きなハードルになることと思います。

しかし、これらデメリットを解消できる生産管理システムがあればどうでしょうか。

  • 導入コストを最低限で
  • 自社に必要な最低限の機能で
  • 現場の混乱を最小限で

生産管理システムのデメリットをしっかりと解消すること、自社にあった生産管理システムをしっかりと選ぶことで、実際に6つのデメリットを解消でき、逆に3つのメリットを得ることが可能です。

そして、これらデメリットを解消できる生産管理システムの多くは、クラウドタイプのカスタマイズできるパッケージ型の生産管理システムです。

具体的にどういった生産管理システムで、どういった効果を得られるのか少しだけご紹介します。

クラウドタイプの生産管理システムで得られる効果

  • 生産状況の可視化
  • 作業記録、集計の工数削減
  • 不良品情報のデータ化
  • 在庫状況の可視化
  • 在庫管理業務の工数削減
  • 仕入部品の発注管理

生産管理システムは一般的に、生産現場に上記のような効果をもたらしてくれます。
どれも、生産現場には嬉しい効果であるのは間違いないはずです。

ただ、一般的な生産管理システムの場合、必要のない機能までついていて複雑になりやすく、これらメリットをデメリットが上回ることも少なくありません。

しかし、クラウドタイプの生産管理システム(スマートFシリーズ)における、一番の効果は「無料で簡単にお試し&必要最低限の機能からスモールスタート」できることです。

なぜなら、商品の特性からテスト導入がしやすく、テスト導入後に実際の導入現場における改善点が明らかになります。

その結果、最小で最適なカスタマイズを行うことができ、無駄な費用を掛けることなく部分的に導入することができるからです。

だからこそクラウドタイプの生産管理システムは、従来通りの生産管理システムのデメリットを大幅に削減でき、少ないコストで最大の効果を上げやすいのです。

更に詳しく知りたい方は下記ページも一緒にご覧ください。
⇒ 生産管理システムを導入するメリット|生産現場を変える複数の機能と目的(後日公開)

まとめ

生産管理システムは、様々な点で大きなメリットをもたらしてくれるツールですが、導入の仕方を失敗すると大きなデメリットを抱えることとなってしまうものです。

だからこそ、どういったデメリットがあり、そのデメリットをどのように解消できるのかを知り、自社に合った最適な生産管理システムを導入することが重要なのです。