menu

FA-CUBE

セミオーダー式

保守部品在庫管理

ハンディ端末とバーコードで簡単に入出庫を記録でき、設備の保守部品/消耗部品などの在庫管理に特化したシステムです。

エクセル手入力や手書きの手間をなくしたい

入出庫の記録を現場で手書きし、それを事務所に持ち帰ってエクセルに手入力するのが手間で、かつタイムラグが発生する。また、エクセルは複数担当者の入力ができなかったり、誰かが式を意図せず変更してしまったり、データ量が多くなるとたまにフリーズやファイルが壊れてしまうことがある

手書きや手入力の漏れやミスがあるので、正しく在庫管理できていない

手書きや手入力が手間な場合は、入力を後回しにするなど忘れてしまいがちになり、かつ入力ミスも起こりえるので、正しく在庫管理するのが難しい

在庫管理ができておらず、たまに部品が欠品する時がある

保守部品な在庫数が把握できていないため、実際の交換が必要な時に保守部品がない事態が起こる可能性があり、メンテナンスの対応が遅れてしまうことがある

そんなお悩みを低価格で解決!

ネクスタのFA-CUBEを導入すると

  • バーコードとハンディ端末で入出庫記録が簡単にミスなく登録できることにより、手間なくミスなく在庫の把握が可能となります。
  • 各保守部品に合わせて適正在庫を設定することにより、適正在庫より少なくなった場合に気づくことができ、部品の欠品をなくすことができます。
  • クラウドサーバにデータを保管するとデータが消える可能性が大幅に減り、エクセルのバージョンや数式などのメンテナンスも不要となり、かつ、複数PC/複数拠点でも快適に在庫の確認/検索を行えるようになります。

ネクスタが選ばれる理由

1

最適

低価格

独自のセミオーダー式パッケージで、低価格を実現します

ライセンス価格
40万円~
月額使用料
3800円~
平均導入価格
60万円~200万円

ベースパッケージを柔軟にカスタマイズして、自社に合ったシステムを低価格で実現

ベースのパッケージをカスタムするセミオーダー式だから、お客様の現場の要望に合わせたシステムが、フルスクラッチのシステムよりも大幅に導入金額を下げることが可能です。また、お客様の全ての問題をシステム化するためには高額な導入費用となるため、弊社では費用対効果が高い部分からスモールスタートし、現場がシステム運用に慣れながら徐々にバージョンアップして、最終的に1つの統一したシステムを完成させることが可能です。

2

早い

簡単

的確なコンサルティングと迅速な対応で、お客様の検討時間を80%削減します

  • 現場・機器・システムに精通した営業が対応
  • 概算金額は、電話で即時回答が可能
  • お客様に合わせたシステムのデモや資料を提出

お客様の問題や課題をヒアリングし、現場を知り尽くしたコンサルタントがお客様の現場に合わせたシステムや機器をご提案いたします。システムに詳しくないご担当者様もご安心ください。また、ざっくりとした概算費用は、お電話にて即時回答いたします。お電話でのヒアリング後に現場に合わせたシステム画面イメージの提案資料を作成し、デモやお貸出が可能です。また社内稟議用の導入メリット資料やご要望をまとめた要件表などの作成も行い、貴社内で検討する材料を弊社で準備し、手間なく簡単にシステム導入を実現します。

3

スムーズ

長期的

自社開発+充実したアフターサポートで、安心してお任せいただけます

  • 導入後の専用サポートダイヤル
  • 複数メンバーによるサポート体制
  • トラブル発生時はリモートで即時対応

ネクスタはインドやタイなどに開発拠点を持つNDRグループの一員です。NDRグループは、設立30年以上・従業員約200名で、開発者の割合が85%を占めるほどの開発メインの企業グループですので、高品質のシステムとシステム導入後も長期的なサポートをお約束します。また自社で開発した製品のため、専用サポートダイヤルでスムーズな対応が可能で、トラブル発生時もリモート対応により、即時対応が可能です。日々変化する現場に合わせた運用サポートや提案なども行い、継続的なご安心をご提供します。

保守部品在庫管理の特徴

1バーコード+ハンディ端末で入出庫登録

ハンディ端末でバーコードを読取るだけで入出庫登録ができるので、誰でも簡単にミスなく作業できます。

2保守部品のバーコードを簡単発行

保守部品専用のメーカ・型式・規格などが記載されたラベルが簡単に発行できます。どのように貼り付けたら良いかわからない場合は弊社からご提案させて頂きます。

3適正在庫設定

保守部品の使う頻度やリードタイムに応じて適正在庫を設定し、それより少ない在庫になればお知らせさせることができます。

導入改善事例

まずは概算金額を聞く

お電話の方が、よりお客様の現場に合った概算金額の回答が可能です

営業時間 9:00〜18:00(平日)

システム構成

ハード機器一覧

クラウドサーバー
・Windows Server 2012 R2
・SQL Server Express 2014
PC
・Windows 7 以上
・.net framework 4.5 以上
・画面解像度:1100×700 以上
ハンディ端末
・キーエンス製ハンディ端末(型式:BT-W80)
・電池パック(型式:BT-WB1)
・LANクレードル(型式:BT-WUC8L)

ソフト機能一覧

PC

在庫一覧 保守部品在庫の一覧/CSV出力(適正在庫切れの確認が可能)
履歴一覧 作業履歴の一覧/備考編集/CSV出力(いつ、誰が、何をいくつ入出庫したかの確認が可能)
マスタ管理 各種マスタの追加/編集/削除
部品ラベル発行
データ転送 ハンディへマスタ送信&ハンディからログ受信

ハンディ端末

入庫処理 ハンディ端末で保守部品の入庫実績を記録
出庫処理 ハンディ端末で保守部品の出庫実績を記録
棚卸処理 ハンディ端末で保守部品の棚卸実績を記録
データ転送 PCからマスタ受信&PCへログ送信

オプション

メール通知機能 在庫が発注点を下回った場合に、メール通知することが可能

運用イメージ

事前準備

1各マスタの作成

部品マスタ、担当者マスタ、エリアマスタを作成する

2部品ラベル発行/貼り付け

PCのマスタ管理画面で部品ラベルを発行し、部品が保管されている棚ごとに部品ラベルを貼り付ける

入庫業務

1入庫処理(現場/作業者/HT)

部品を棚に入れる時に、ハンディ端末で棚に貼り付けてある部品ラベルを読み取り、入庫処理を行う

2データ転送(現場/作業者/HT)

ハンディ端末をクレードルに配置し、データ転送ボタンを押してサーバに作業ログを転送する

出庫業務

1出庫処理 (現場/作業者/HT)

部品を棚から出す時に、ハンディ端末で棚に貼り付けてある部品ラベルを読み取り、出庫処理を行う

2データ転送(現場/作業者/HT)

ハンディ端末をクレードルに配置し、データ転送ボタンを押してサーバに作業ログを転送する

関連商品