menu

FA-CUBE

セミオーダー式

検品付在庫管理システム(基幹連携)

入荷ミス/出荷ミスの削減を目的とし、基幹システムと連携してハンディ端末で製品の入出荷検品を行い、PCで在庫管理ができるシステムです。

目視確認による出荷ミスが発生している

目視で入荷やピッキング・梱包を行っており、確認ミスで間違った製品や数量で入出荷してしまうことがある

基幹システムへ入出荷実績を手入力するのが手間

事務所で基幹システムに仕入/売上の伝票入力する手間がかかり、かつ入力ミスや漏れが発生することもある

そんなお悩みを低価格で解決!

ネクスタのFA-CUBEを導入すると

目視確認による出荷ミスを削減

ハンディ端末とバーコードによる検品で確認ミスを100%防止し、誤出荷の削減を実現。

手間なくミスなく正しい在庫管理を実現

ハンディ端末とバーコードによりミスなく手間なく入出荷を記録し、そのデータを基幹システムへ取り込ませることにより売上/仕入の入力工数が削減でき、同時に入力ミスや漏れも防ぐことができる。

ネクスタが選ばれる理由

1

最適

低価格

独自のセミオーダー式パッケージで、低価格を実現します

ライセンス価格
60万円~
月額使用料
9,800円~
平均導入価格
80万円~200万円

ベースパッケージを柔軟にカスタマイズして、自社に合ったシステムを低価格で実現

ベースのパッケージをカスタムするセミオーダー式だから、お客様の現場の要望に合わせたシステムが、フルスクラッチのシステムよりも大幅に導入金額を下げることが可能です。また、お客様の全ての問題をシステム化するためには高額な導入費用となるため、弊社では費用対効果が高い部分からスモールスタートし、現場がシステム運用に慣れながら徐々にバージョンアップして、最終的に1つの統一したシステムを完成させることが可能です。

2

早い

簡単

的確なコンサルティングと迅速な対応で、お客様の検討時間を80%削減します

  • 現場・機器・システムに精通した営業が対応
  • 概算金額は、電話で即時回答が可能
  • お客様に合わせたシステムのデモや資料を提出

お客様の問題や課題をヒアリングし、現場を知り尽くしたコンサルタントがお客様の現場に合わせたシステムや機器をご提案いたします。システムに詳しくないご担当者様もご安心ください。また、ざっくりとした概算費用は、お電話にて即時回答いたします。お電話でのヒアリング後に現場に合わせたシステム画面イメージの提案資料を作成し、デモやお貸出が可能です。また社内稟議用の導入メリット資料やご要望をまとめた要件表などの作成も行い、貴社内で検討する材料を弊社で準備し、手間なく簡単にシステム導入を実現します。

3

スムーズ

長期的

自社開発+充実したアフターサポートで、安心してお任せいただけます

  • 導入後の専用サポートダイヤル
  • 複数メンバーによるサポート体制
  • トラブル発生時はリモートで即時対応

ネクスタはインドやタイなどに開発拠点を持つNDRグループの一員です。NDRグループは、設立30年以上・従業員約200名で、開発者の割合が85%を占めるほどの開発メインの企業グループですので、高品質のシステムとシステム導入後も長期的なサポートをお約束します。また自社で開発した製品のため、専用サポートダイヤルでスムーズな対応が可能で、トラブル発生時もリモート対応により、即時対応が可能です。日々変化する現場に合わせた運用サポートや提案なども行い、継続的なご安心をご提供します。

検品付在庫管理システム(基幹連携)の特徴

1基幹システム連携

基幹システムの指示データをそのままPCに取り込むことができるので、製品の入出荷も手間なくミスなく作業できます。

2有効在庫表示

在庫数から出荷予定数を引いた有効在庫数を確認できるので正確な生産計画をすることができます。

まずは概算金額を聞く

お電話の方が、よりお客様の現場に合った概算金額の回答が可能です

営業時間 9:00〜18:00(平日)

システム構成

ハード機器一覧

クラウドサーバー
・Windows Server 2012 R2
・SQL Server Express 2014
PC
・Windows 7 以上
・.net framework 4.5 以上
・画面解像度:1100×700 以上
ハンディ端末
・キーエンス製ハンディ端末(型式:BT-W80)
・電池パック(型式:BT-WB1)
・LANクレードル(型式:BT-WUC8L)
モバイルプリンタ
・サトー製モバイルプリンタ(型式:PW208)
アクセスポイント
・アクセスポイント

ソフト機能一覧

PC ソフト

在庫一覧 ・在庫の一覧/CSV出力
入荷一覧 ・取り込んだ入荷予定データの一覧とそれに対する進捗状況の閲覧や検索が可能
出荷一覧 ・取り込んだ出荷予定データの一覧とそれに対する進捗状況の閲覧や検索が可能
履歴一覧 ・作業履歴の一覧/備考編集/CSV出力(いつ、誰が、何をいくつ入出庫したかの確認が可能)
棚卸一覧 ・理論在庫と棚卸在庫の差異確認
・棚卸在庫の反映
マスタ管理 ・各種マスタの追加/編集/削除

ハンディソフト

受入検品 ・ハンディ端末とバーコードで基幹システムの受入予定データと実際に受入する製品との検品処理
・バーコード入りの製品ラベルを発行
入庫処理 ・ハンディ端末とバーコードで入荷した製品の保管エリアを登録
出荷検品 ・ハンディ端末とバーコードで基幹システムの出荷指示データと実際に出荷する製品との検品処理
移動処理 ・ハンディ端末とバーコードで製品の保管エリア移動時に移動先エリアを記録
ラベル発行 ・バーコード入り製品ラベルの新規発行
・発行済製品ラベルの再発行
棚卸処理 ・ハンディ端末とバーコードで製品の棚卸実績を記録

オプション

帳票発行 ・受入予定を帳票として発行することが可能
・出荷指示を帳票として発行することが可能
・棚卸実績を帳票として発行することが可能

運用イメージ

事前準備

1各マスタの作成

製品マスタ、担当者マスタ、エリアマスタを作成する

受入業務

1受入予定データ出力/取込(事務所/管理者/PC)

・受入作業開始までに基幹システムから受入予定データを出力する
・出力した受入予定データを指定フォルダに保存するとデータ変換ソフトが自動で変換を行い、PCソフトに自動で取込む

2受入検品/ラベル発行(現場/作業者/HT)

・ハンディ端末で納品書に記載されている発注Noと部品ラベルのバーコードを読取し、受入予定と実際の製品・数量と間違いが無いかの検品処理を行う
・ラベル発行枚数を指定し、製品ラベルを発行する

3ベル貼付け(現場/作業者/手作業)

発行した製品ラベルをケースに貼付ける

入庫業務

1入庫指示書発行(事務所/管理者/PC)

基幹システムへ受入実績の取込が完了した後、基幹システムから入庫指示書を発行する

2エリア登録(現場/作業者/HT)

入庫指示書で指定されているエリアに部品を入れる時に、ハンディ端末とバーコードで保管エリアを登録する

3データ転送(現場/作業者/HT)

ハンディ端末をクレードルに配置し、データ転送ボタンを押してサーバに作業ログを転送する

出荷業務

1出荷指示&出荷指示書発行(事務所/管理者/PC)

基幹システムで出荷指示を行い、出荷指示書を発行する

2出荷指示データ/取込(事務所/管理者/PC)

・基幹システムから、出荷指示データを出力する
・出力した出荷指示データを指定フォルダに保存するとデータ変換ソフトが自動で変換を行い、PCソフトに自動で取込む

3ピッキング検品(現場/作業者/HT)

・出荷指示書に印字された出荷指示Noと製品ラベルのバーコードを読取し、出荷予定と実際の製品・数量と間違いが無いかの検品処理を行う
・バラ出荷するもので製品ラベルが必要な場合、ハンディ端末で必要数量分の製品ラベルを発行して貼り付ける

4梱包検品(現場/作業者/HT)

出荷指示書に印字されている出荷指示No.と製品ラベルのバーコードを読取し、梱包指示と実際の製品・数量と間違いが無いかの検品処理を行う

5データ転送(現場/作業者/HT)

ハンディ端末をクレードルに配置し、データ転送ボタンを押してサーバに作業ログを転送する

6基幹システムへ出荷実績を取込(事務所/管理者/PC)

PCソフトから出荷実績を出力し、基幹システムへ取り込む

棚卸業務

1棚卸開始(事務所/管理者/PC)

棚卸開始時に、PCソフトで棚卸を開始する日付を設定する

2棚卸処理(現場/作業者/HT)

各エリアごとに、ハンディ端末とバーコードで棚卸処理を行う

3データ転送(事務所/作業者/HT&PC)

ハンディ端末をクレードルに配置し、データ転送ボタンを押してサーバに作業ログを転送する

4棚卸照合(事務所/管理者/PC)

PCで理論在庫と棚卸在庫の差異を確認し、棚差があるものを棚差リストとしてデータ出力し、印刷する

関連商品